悠悠北海道®誕生の経緯と想い

海外からFIT(個人旅行者)は来ていますか?
海外からのFIT(個人旅行者)を集客したいですか?
海外のFIT(個人旅行者)でもっと売り上げを伸ばしたいですか?

*FITとは海外からの個人旅行者(Foreign Independent Traveler)をいい、海外からの団体ツアー客に対して、個人旅行客のことを言います。

 

2014年度、日本を訪れたインバウンドは1300万人を越えました。政府も観光立国を唱え2020年までには2000万人、2030年までには4000万人を目指すとしています。これから約10年、日本は観光国ニッポンに向かって2ケタの急成長をしそうな勢いです。

 

アジア各国へのビザの解禁、直行便の運行、円安に加え、和食ブーム、おもてなしブーム、アニメブーム、治安の良さや清潔なところが、豊かになってきたアジア 各国の意欲的な人たちに日本の魅力として映っています。北海道はこうした日本らしい良さに加えて、自然や風景の美しさが人気で、訪日旅行者全体の約1割を 超える人々が来道しています。
「新千歳空港で飛行機を降りた団体客をチャーターバスに載せ、約5日間、とにかく缶詰のような弾丸ツアーを提供することで旅行者は満足しているのだろう か?」「団体客を連れて行くからとダンピングし、リベートを要求する一部のラウンダーやツアコンの言いなりになりツアーを受け入れる体制でいいのだろう か?」「そもそも観光業は誰のためにあるのだろうか?」という疑問が企画のきっかけでした。

 

インターネット時代の観光情報発信を各社がダイレクトに行う意義を考え、最初は取引先1軒からスタート、これが悠悠北海道®の始まりでした。おかげさまで今現在、100社を超える皆さまにご利用頂いています。

 

「インバウンドの個人客対策なんて、何から手をつければ良いかわからない」「効果もわからないし、面倒くさい」というのが大半のご意見です。結果として、どうしても様子見になってしまいます。

 

1 組2~3人の個人客より、バス1台30~40人の団体客の迫力。そして、エージェントに頼むと団体客を連れてきてくれる手軽さ、営業先がはっきりしている ことへの安堵感。これが少し前までは主流でした。しかし、今、インバウンドの2ケタ成長とともに、リピーターの個人客の動きが目立ってきました。

 

これから重要なことは「あなたのお店、施設、会社は、FITに繋がっていますか?」と言う一点につきます。情報を発信するだけではなく、相手に届く情報の仕 組みを選んで使っているのか?ということです。「ぜひ味わってほしい」「体験してほしい」「観てほしい」という情報をどのように伝え、いかに実際に来てい ただくか? そのための具体策を持っていますか?

1社、1店の「点」情報は出すことができるでしょう。でも、残念ながらほとんど無意味です。1店のために海外旅行を計画するケースは稀ですから。

 

悠悠北海道®は2011年から、コツコツ開始しました。海外の個人客からは毎日旅の問い合わせが届き、それに一つ一つ答えています。特に、自分が計画している旅ルートの交通情報相談が人気です。

 

実は、北海道の中で注目されているのはせいぜい15の観光地です。どこも似たり寄ったりの観光情報を発信していますから、区別がつかないのです。観光地も、 ホテルも、飲食店も、お土産もみんな似たり寄ったりで。どこを訪問すべきなのか、わかっていないのが実情です。この相談が絶えません。

 

これが北海道FIT市場の実情です。逆にいえばどこのエリアもチャンス大です。わずか1泊、いや素通りだった土地にもチャンスが山積みです。ある町の観光担 当者は「私の町には大きな宿泊施設がないからダメ」と言います。「特産品がないから無理」だと言います。本当に不勉強だと思います。彼らのニーズは団体旅 行のそれと同じではありません。

 

悠悠北海道®では、意欲ある皆さまの発信をお手伝いします。問い合わせやアクセス分析、ヒヤリングなどから傾向と対策を考えサポートします。皆さまには地域のFIT対策のリーダーであって頂きたいと願っています。悠悠北海道®はそんな皆様のサポーターであり、仲間なのです。

旅情報を探す旅行者が自ら、バラバラに存在する情報をつなぐことは至難の業です。
彼らにとってのキーワードは「北海道」「Hokkaido」「Beihaidao」です。そして、目的地やサービスを探します。それがわかっている悠悠北海道は、両者の想いをマッチングさせます。是非、ご利用ください。

 


 

これまでの悠悠北海道®の経緯

2017年 8月
北海道南部、中部、東部の広域MAP3版を発行
GPS対応スマホサービスxixを開始

 

2017年 7月
インドサーバを開設し11カ国12ポータル体制に増強

 

2017年 6月
JNTOに参加

 

2016年 10月
悠悠北海道®の商標登録が完了

 

2016年 9月
フィリピンサーバー、ベトナムサーバーを開設し10カ国11ポータル体制に増強

 

2015年 12月
マレーシアサーバー、香港サーバーを開設し8カ国9ポータル体制に増強

 

2015年 5月
中国、台湾、韓国でのSNS開始

 

2015年 4月
現地サーバ(中国、台湾、韓国、シンガポール、タイ、インドネシア、日本)の7カ国7ポータル体制に増強

 

2015年 3月
旭川散策マップ(フリーWi-Fi、免税店他)開始

 

2015年 1月
札幌・小樽散策マップにバージョンアップ

 

2014年 10月
函館散策マップ(フリーWi-Fi、免税店他)開始

 

2014年 7月
札幌散策マップ(フリーWi-Fi、免税店他)開始

 

2013年 7月
多言語指差しメニュー制作開始
札幌グルメマップ(指差しメニューのあるお店)開始

 

2013年 6月
上海TV局の北海道情報番組(恋上!北海道)のWeb担当

 

2013年 4月
北海道への個人旅行希望者の相談サービスを開始

 

2012年12月
中国ファッション雑誌とコラボ企画(Photo Wedding)

 

2012年 6月
フルリニューアル/グランドオープン

 

2012年 2月
ICP許可(北京市公安局)

 

2011年12月
悠悠北海道®スタート

2011年11月
ICP許可(国務院産業情報部北京市情報局)

 

2010年 5月
中国でのインターネット事情の調査開始

 

 

ask_button