私たちのミッション

価値創造

 これまで旅行の大半は「旅行代理店(仲介者)」が集客し、事業者は手数料(成功報酬)を払う形でした。しかし、インターネットでこれらを超える便利なサービスが誕生すると、口コミが広がり、一気に集客が変わります。
 例えば、ホテルの予約。ExpediaやBooking.comのようなOTA(Online Travel Agent)の登場でホテル予約は専門サイトに変わります。
 この仲介が強い(人気の)サイトに高額な手数料を払い集客しても、集客の手段が店舗からネットに変わるだけですから、永遠に手段探しを続けることになります。

 

 旅行者にとって大事なことは、「そこで何をする・何ができる」です。もしも、そこでしかできないOnly Oneのサービスが、電話予約しか受けなければ、電話をしてでもアポイントを取ります。
 そして、これからの時代は、「そこで何をする・何ができる」+「前後の時間は何ができる」+「翌日は何ができる」という、こま切れのWEB情報やSNS情報を「総合して伝える」ことが大事です。

 

 観光の本質は「サービスの価値を高める」ことです。「当店で何をする・何ができる」をしっかり考え、明確に伝えるとともに、「前後ではこんなことが喜ばれる」という複合サービスを考えて「ひとつひとつサービスの価値を高める」ことです。前後のサービス事業者もまた同様にすることで、プロモーションが二重三重に広がります。
 また、個人客に丁寧に接するサービスの価格は、当然、団体旅行客の価格とは変わります。価値を高めると価格は上がるのです。前後の複合サービスの価値も一緒に上がります。

 

 国別に、高額利用者向けサービスを実験的に作り、集客にチャレンジするのも面白いでしょう。UU北海道では、海外12の国と地域の現地サーバで個別に情報を発信しているので、そのような集客も可能です。
 本当に大事なことは、サービスの魅力アップをしっかり行い、それを接点にしてつながることです。